歯が抜けたまま放置すると|噛み合わせ・歯並びへの悪影響

歯の欠損を放置すると 口腔機能の低下について

歯が抜けたまま放置すると、 期間が経つに従ってさまざまな悪影響が出てくるようになります。

これは、徐々に歯が傾いたり、伸び出したりして、お口全体のかみ合わせが崩壊していくからです。

それはすぐに起きるものではありませんが、じわじわと時間をかけて進行し、大きなトラブルへと繋がっていきます。

抜けた歯と咬み合っていた歯が、伸びて出てくる

噛み合う相手の歯がない状態が続くと、上の歯は下へ、下の歯は上へと伸びてきてしまいます。

この現象のことを歯の挺出といいます。

歯が挺出すると、噛んだときに動いてしまった歯同士が強くぶつかるようになり、歯に異常な力がかかるようになることがあります。

また歯の挺出が進行すると、骨に埋まっている部分がどんどん短くなってしまうので、歯がグラグラになってしまったり、抜け落ちてしまうこともあります。

抜けた歯の両隣の歯が抜けた歯のスペースに動き、傾いてくる

歯の無い状態で放置すると、抜けた歯の両隣の歯が抜けた歯のスペースの方に傾いてきます。

この現象のことを歯の傾斜と言います。

歯が傾斜すると、大きな段差が生じ、汚れが詰まり不衛生になりやすくなります。

不衛生な箇所が出来てしまうと、虫歯や歯周病が起こるリスクが増加します。

虫歯や歯周病にも罹患してしまうと、治療が複雑になりより多くの治療費と治療時間が必要となっていきます。

食べ物をかみ砕く能力が低下する

歯の欠損

歯が無い部分があると、その部分ではものを噛み砕くことが出来ないため、咀嚼機能が低下してしまいます。

また歯が無い状態で放置し続けると、硬いものを避けて軟らかいものばかり食べるようになります。

軟らかいものばかり食べるようになると口を動かす筋力も徐々に衰えていき、口腔機能低下症に繋がります。

口腔機能低下症になるとさらに食べられるものに偏りか生じるようになり、低栄養のリスクが上昇します。

他の歯に負担がかかる

歯が無くなった部分で物を噛み砕けないため、その分他の歯を酷使することになり負担をかけてしまいます。

咬合力が強い人の場合は特に歯根破折を起こすリスクが増大するので注意が必要です。

消化器官に負担がかかる

咬み合せのバランスが崩れてしまってきちんと咬めない状態となると、食べ物をよく噛み砕かずに飲み込むようになってしまいます。

そのような状態が続くと、胃や腸などの消化器官にかかる負担が増加します。

発音しにくくなる

歯と歯の間に隙間があると、歯の隙間から空気が抜けるために発音が不明瞭になり、会話に支障が出るようになることがあります。

痴呆症のリスクが増大する

咬むことで、脳に刺激が与えられるのですが、咬み合わせがずれることによって、この脳への刺激も減少することになってしまいます。

脳への刺激が低下すると、痴呆のリスクが増大することが判っています。

見た目が悪くなる

歯が抜けて隙間が空いたままですと、見た目が悪いですし、他の人からの印象が悪くなります。

顔にしわが出来て、老け顔に見える

歯の喪失は顔貌にも悪影響を与えます。

特に前歯は唇を後ろから支えているため、前歯を喪失すると唇が弛んでシワが生じてきます。

物が詰まりやすくなる

歯と歯の間に隙間が空いた状態になると、食べカスなどが詰まりやすくなります。

しっかりと歯が磨けていないと、歯の間に細菌が繁殖して虫歯になったり、歯肉の炎症や歯周病を引き起こしたりします。

また口臭の原因となり、お口の中の不快な臭いで悩まされることもあります。

歯の欠損に対する治療

歯が無くなってしまった部分に対する治療法は3種類あり、お口の中の状態に合わせて最適なものを使って治療を行う必要があります。

ブリッジによる治療

ブリッジによる治療

ブリッジ治療は歯を喪失した箇所の両隣の歯を削って土台とし、人工の歯を橋のように架ける治療法です。

ブリッジ治療についてはこちらで詳しく解説しています。

入れ歯による治療

入れ歯による治療

入れ歯は歯茎や歯肉を利用して人工の歯を支える治療法です。入れ歯を安定させるために残っている歯に留め金をかけます。

入れ歯治療についてはこちらで詳しく解説しています。

インプラントによる治療

インプラントによる治療

インプラントは骨の中に人工の歯根を植え込み、その上に人工の歯を作る治療法です。ブリッジや入れ歯と違い、他の歯を削ったり負担をかける必要がありません。

まとめ

歯を失ったまま放置すると、両隣の歯が倒れてきたり、噛み合っていた向い合う歯が伸びてきたりして、噛み合わせに狂いが生じます。

噛み合わせに狂いが生じると、発音がしづらくなったり、うまく噛めなくなって食事の際に支障が出るほか、歯と歯のすき間が広がって食べかすが挟まりやすくなり、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

そのようなトラブルを避けるためにも、歯を失った後は放置せずに早めに治療を行うようにしましょう。

参考文献

歯の欠損の補綴歯科診療ガイドライン2008

有床義歯補綴診療のガイドライン2009改訂版

この記事を書いた人
八島 愛富

八島歯科クリニック 院長

歯科医師
広島県歯科医師会・会員
広島市介護認定審査委員経験者(1999年~2003年在籍)
臨床研修指導歯科医
広島デンタルアカデミー専門学校 講師
ケアマネージャー資格保持者
広島県がん診療連携登録歯科医

口腔機能の低下について
八島歯科クリニック