歯周病について

歯周病について

歯周病について|歯周病は骨が溶ける病気です

歯周病とは、一言で言うと「骨の病気」です。歯は骨に支えられていますが、歯周病になると支えている骨が溶けていきます。歯周病が進行すると、歯がぐらぐらになって最終的には歯が抜けて無くなってしまいます。
2019.08.17
その他

どんな場合に歯を抜かなければならないか?

一本の歯を無理矢理残すことで他の多数の歯の寿命が縮む場合は、歯を守るために歯を抜くという選択を考える必要があります。歯を抜く理由は大きく3つに分けられます。自分にとって最良の治療を選択するためには、歯を残すことによるメリットとデメリットをしっかり吟味して治療を選択することが重要です。
2019.07.22
歯周病について

歯周病と糖尿病は互いに悪影響を与えあう

糖尿病と歯周病はお互いに悪影響を与えあっています。このため糖尿病の治療を行うと歯周病の改善効果があり、逆に歯周病を治療すると糖尿病の改善効果があります。糖尿病は、脳梗塞、心筋梗塞、腎不全などの合併症を引き起こします。
2019.07.17
歯周病について

歯周組織再生療法とは

歯周再生療法は狭くて深い垂直性骨欠損に効果的な治療法であり、歯周病が中等度の内に施術することで歯の喪失リスクを防ぐことが出来ます。歯周病は歯を失う原因の1位であり、特に垂直性骨欠損がある場合は放置すると歯を喪失するリスクが高くなります。
2019.07.17
歯周病について

インフルエンザと歯周病菌

現在、歯周病菌とインフルエンザに関連があることが判ってきています。口腔内を不衛生な状態にしておくとインフルエンザウイルスが侵入しやすくなり感染が助長されます。特に免疫力の弱い高齢者の場合では、重症化する可能性もあります。
2019.01.16