授乳中に歯科で使えるお薬

赤ちゃんとお母さん その他

授乳とお薬

”授乳中=薬が使えない”ではない

母乳で育てることには多くの利点があり、多くのお母さん方はご自身の母乳で赤ちゃんを育てたいと望まれているのではないでしょうか。
しかしお母さんがお薬を服用する場合には、赤ちゃんへの影響が心配になると思います。
現在、授乳中の薬の使用に関する研究から、薬の多くは母乳中に移行するがその移行する量は非常に少ないことがわかっています。
薬を飲んでいるお母さんは必ずしも母乳をあげることをあきらめなければならないわけではありません。
個々のお薬についての正しい情報を基に、主治医の先生と相談しながら決めることが大切です。

母乳をやめることによるデメリット

母乳は、栄養面で優れているだけでなく、感染症を予防し、免疫機能や神経発達を促す効果があります。これは免疫抗体などの栄養素以外の要素が母乳を介してお母さんから赤ちゃんに送られるためです。

母乳を中止すると、これらの効果は失われてしまいます。

また、母乳を中止して人工ミルクに変更した場合は、アレルギーなどの有害事象が生じるリスクがあります。授乳中の薬の使用により赤ちゃんに有害事象が生じた報告はわずかしかありませんが、人口ミルクによるアレルギーなどの有害事象の報告はそれより多く報告されています。

このため可能な限り母乳を中止するべきでないと現在では考えられています。

歯科で使用する薬の種類

歯科で使う薬の大半は抗生剤と痛み止めです。この他、ごく稀ですが抗ウイルス薬を使うこともあります。これらの薬について詳しく解説をしていきます。

抗生剤について

歯科で使用される抗生剤

歯科治療では抗生剤は主にペニシリン系やセフェム系が使用されます。これらのお薬は赤ちゃんに対する治療でも必要に応じて使用されるものです。

授乳中に安全に使用できるとされている抗生剤

厚生労働省所管の国立成育医療研究センターが、薬の母乳移行量を調べた研究報告より、以下のような薬が安全に使用できると公表しています。

成分名代表的な商品名
アジスロマイシンジスロマック
アモキシシリンサワシリン、パセトシン
エリスロマイシンエリスロシン
クラリスロマイシンクラリス
クリンダマイシンダラシン
セファレキシンケフレックス、センセファリン
セフォタキシムセフォタックス
セフォペラゾンセフォペラジン
セフタジジムモダシン
セフチゾキシムエポセリン
セフトリアキソンロセフィン
セフロキシムオラセフ
セファクロルケフラール
セファゾリンセファメジン
セファドロキシルドルセファン

※注 上記の表は、授乳中の使用に関する研究があるものを厳選して作成されています。このため、授乳中の使用に関する研究がないものは記載されていません。表に載っていない薬でも、同じような効き目のある薬の情報から、授乳中に安全に使用できるとされている薬もあります。

まとめ

上の表で成分名が”セフ~”となっているのがセフェム系です。ぱっとみて多くのセフェム系が安全だとされているのがわかります。上の表に記載されていない薬でも授乳中に安全に使用できると考えられているお薬もありますので、お薬を使用される際は主治医の先生と相談して決めるようにして下さい。

痛み止めについて

歯科で使用される痛み止め

歯科で主に使用される痛み止めは、ロキソニンやボルタレンなどの非ステロイド性抗炎症薬です。

非ステロイド性抗炎症薬は酸性のものと塩基性のものでさらに細かく分類されますが、酸性のものの方が鎮痛作用が強いため、一般に酸性のものが使用されます。

授乳中に安全に使用できるとされている痛み止め

厚生労働省所管の国立成育医療研究センターが、薬の母乳移行量を調べた研究報告より、以下のような薬が安全に使用できると公表しています。

成分名代表的な商品名
アセトアミノフェンカロナール
イブプロフェンブルフェン
インドメタシンインテバン
ケトプロフェンカピステン
ジクロフェナクボルタレン
セレコキシブセレコックス
ナプロキセンナイキサン
ピロキシカムバキソ
フルルビプロフェンフロベン
ロキソプロフェンロキソニン

まとめ

歯科で主に使用されるボルタレンやロキソニンは上記表に記載されており、安全に使用できると考えられています。どうしても不安であればカロナール(アセトアミノフェン)は小児に対しても安全に使用できる薬なので、こちらを処方してもらってもよいでしょう。

抗ウイルス薬

歯科で使用される抗ウイルス薬

歯科分野で使う抗ウイルス薬は、帯状疱疹やヘルペスの治療の際に使います。

帯状疱疹やヘルペス の治療薬としてはアシクロビル、バラシクロビルなどがあります。

授乳中に安全に使用できるとされている抗ウイルス薬

厚生労働省所管の国立成育医療研究センターが、薬の母乳移行量を調べた研究報告より、以下のような薬が安全に使用できると公表しています。

成分名代表的な商品名
アシクロビルゾビラックス
オセルタミビルタミフル
バラシクロビルバルトレックス

まとめ

歯科で使用する代表的な抗ウイルス薬「アシクロビル」「バラシクロビル」は両方とも授乳中に安全に使用できると考えられています。

総括

現在、授乳中の薬の使用に関する研究から、薬の多くは母乳中に移行するがその移行する量は非常に少ないことがわかっています。

歯科で使用する薬の大半は、抗生剤と痛み止めです。

これらの薬は 厚生労働省所管の国立成育医療研究センター が授乳中に安全に使用できると公表している薬に該当するか、該当する薬に置き換えることが出来ます。

薬を飲んでいるお母さんは必ずしも母乳を上げることをあきらめなければならないわけではありません。

母乳を中止することにもデメリットはあり、赤ちゃんにとって何が一番いいか考えることが大切です。

個々のお薬についての正しい情報を基に、主治医の先生と相談しながら決めるようにしましょう。

参考資料

国立成育医療研究センター 授乳中に安全に使用できると考えられる薬 – 薬効順 –

この記事を書いた人
八島 愛富

八島歯科クリニック 院長

歯科医師
広島県歯科医師会・会員
広島市介護認定審査委員経験者(1999年~2003年在籍)
臨床研修指導歯科医
広島デンタルアカデミー専門学校 講師
ケアマネージャー資格保持者
広島県がん診療連携登録歯科医

その他
八島歯科クリニック